治療について

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オシャレの国フランスでも、理論の国ドイツでも、東洋医学から生まれた鍼灸医療は、人々の健康に貢献しています。

 

東洋医学の古典・黄帝内径(素問・霊枢)の中で「気血不和なれば百病を生ず」と述べられ、病は「気血の変調」からはじまるとさています。当院の鍼灸治療は、経絡上の「気」の有余・不足を調節し不良なものは消去して、血流の不均衡や水分代謝の循行を改善し五臓を調和させ胃の気を強めたのち、腎間三焦の陽気(守邪の神)を補い諸十二経に三気(衛気・営気・宗気)を循行させる。このように臓腑を調えながら臍下丹田に生気を満たし発動せしめ邪を排し、生命の根元である潜在的生命力を強めて、末梢である諸症状を治めることを基本としています。

 

〇 素問・霊枢・難経では、殷の時代からはじまって春秋戦国時代から漢の初めに発達し、易経や九星学の原理でもある「陰陽五行の思想」(陰陽の相対性原理と五行の相生相剋論)をもとに、万古を貫いて変わらぬ「不変の真理」を諭し、大宇宙と人(小宇宙)との深いつながりと医道の原理法則を述べています。素問に『これを数えて十とすべし、これを推して百とすべし、これを数えて千とすべし、これを推して万とすべし、万の大いなることあげて数えることができないほどです。けれどもこの要は一だけです。』と記されています。この一節を岡本一抱は医学切要指南の中で引用し「後人による様々な諸説の矛盾は各人が徒に複雑なる枝葉の理論に走ったことによるもので、うわべの語句の矛盾に惑わされることなく、その中に覆在する真理を探究すべきであり、聖人の教えし原理は不変で一つ。」と門弟に説いています。四千年の昔より発しし先哲の教えが奈良時代に日本へ伝わり、いくつもの時を経て太平の世で江戸文化とともに大きく発展し、治療の奥儀として明治・大正から昭和へ受け継がれ、そして日本の伝統医療として現代に生きています。

※上記『これを数えて十と・・・』が記載されている素問・陰陽離合論篇では、文頭に「陰陽者」の漢文が入りその意は「天地陰陽の範囲は、その範囲を極限まで推し広げてゆけば無限の数まで至る。しかし全体としての考えの上では対立と統一という陰陽の原理の外にでることはない。」となる。後に「陰陽の変化の原理(発動し分化する陽の力と統一し含蓄する陰の力)は人体についても自然界の陰陽と同様に一定の規律を有している。」とつづく。

※陰陽について・・・・一般的に「陰」(暗く冷たい)が悪で、「陽」(明るく暖かい)が良いというイメージが常識になっています。これはたいへんなあやまりで、陽は陰を待って初めて陽であり、また陽があってこそ陰も生きます。そしてその陰と陽を正しく活用し発展させるのが「中」の理法(折中し進歩させる=中庸)です。この陰陽原理をはっきり意識し会得するということは鍼灸医道を学ぶうえで最も大切なことだと思って折ります。

※腎間の動気について・・・「この陽気は正常であればただ水を温める程度のことで、これを探しても見つけることはできません。これが発動することによっ含蔵されている陽気があったのだということがわかります。腎水は冷水ではありません。水中に一陽を含んでいるため自然に温暖です。この温暖を生気の原とし動くことによってこれがわかるため、腎間の動気といいます。腎間の陽気が堅固であれば三焦も堅固で邪がこれを犯すことはできません。諸邪が病を起こすのは腎間の陽気が堅固でないためです。これを名付けて『守邪の神』といいます。」(岡本一抱)そして、この腎間の動気と三焦を中心に治療を組み立てていた治療家が「澤田流の祖」澤田健氏です。また柳谷素霊氏はその著書の中で「どんな治療でも自然法則を無視して成功し得ないことは幾多の挙例を示すことができる。どんな理論、学理に立脚するにしてもこの自然法則の理に反した方法では決して病気を治癒することはできない。」と述べています。

 

 

◎ 根元治療(対象者:極度の心身疲労のある方、更年期の方、体力低下の著しい方、慢性病の方、健康年齢を高めたい方)

① 体質・年齢・生活などを考慮し四診にて診断する。
② 四肢の要穴と腹部募穴で気血の流れを疎通させ肝腎脾三焦の虚を補う。
③ 肩背腰部に残る硬結を緩和させる。

※ 治療の過程で気が流れ血が動きだすと中脉がしっかりして、体表に陽気が満ちてきます。臓腑経絡の陰陽バランスが平衡すると体が温まり皮膚や髪質も良化してきます。
※ 美容鍼について・・・ 人体の生理で顔面ほど末梢神経の集中しているところはなく、全身の神経系統の末端部分が全部顔に集っています。全身の生理状況はことごとく顔面皮膚に報告されて皮膚症状としてあらわます。臓腑が調い丹田の一気が満ち溢れると、顔面部の肌の状態もみずみずしく艶ややかに変化してゆきます。(心身の充実による芯のある美しさ)

 

◎ 痛みを改善する治療(関節の退行変性及び外傷が原因の疾患に対する治療)

生体に備わる反射的な体の防衛反応を利用し、不調の原因となっている硬結部分に対し、軽微な人為的刺激を直接または間接的に与えることにより患部周辺を柔軟にさせ、動作時の痛みや可動域の改善をいたします。

 
※  はり治療では、0.14mmの細いディスポ鍼(使い捨て鍼)と鍉鍼を使用しています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・ 完全予約制  03-6459-5314

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

広告